iphone修理の正規店の特徴について

正規店と非正規店との違い

修理の際に正規店は、必ず純正パーツを使用しますが、非正規店の場合はサードパーティと呼ばれる代用品でパーツを交換することが多いです。しかし、その分修理代が安くなります。また、修理に関する考え方も異なり、例えば水没の場合は正規店の場合は本体交換となります。一方、非正規店ではあくまでもパーツ交換となります。そのため、非正規店で修理を行った場合は、データ復旧できる可能性があります。逆に正規店では、iphoneを必ずリセットしますので、自分自身でバックアップを取っておく必要があります。なお、正規店と非正規店を比較すると、非正規店の方が修理時間が短いという特性もありますし、混雑度も少ないので、予約を取る必要がありません。

正規店の特徴について

正規修理店とは、アップルストアやアップル正規サービスプロパイダのことで、アップル社が正式に認めている修理窓口です。修理の際には必ず純正部品を使用することと、アップルにより徹底した教育を受けたエンジニアが修理を行うことが特徴です。アップル正規サービスプロパイダを利用するメリットとしては、数少ないアップルストアに行く必要がないため、地方在住者でもわざわざ都会に出る必要がないことです。また、修理代金もアップル社の基準に照らして全国一律なのも嬉しいポイントです。なお、アップルストアでは配送修理というシステムを導入していて、宅配業者が壊れたiphoneを回収し修理後に配送してくれるというサービスがありますが、修理期間が10日ほどかかります。

iphoneの修理を銀座でするなら、専門店に依頼すれば出費を抑えることができ、故障状況によってはその日のうちに修理が完了します。