iphone修理を依頼する前に準備しておくこととは!?

正規店を利用するときの事前準備

家電製品や電子機器などが故障したとき、正規店で修理をしないとそれ以降の保証が受けられなくなる可能性があります。iphoneに関しても将来も長く使うのであれば正規店で修理の依頼をした方がいいので、依頼するに当たって準備しないといけない作業を確認しておきましょう。まずはデータのバックアップがあります。バックアップの後に初期化をしますが、初期化をすると電話番号などの情報が消えてしまいます。バックアップがあれば修理後にデータを戻せば修理前同様に使えます。さらにアクティベーションロック機能をオフにしておく必要があるので注意しましょう。オンになっていると修理の作業ができなくなるためですが、持ち込みで依頼するならその場で行える時もあります。

非正規店はデータのバックアップが不要

iphone修理をしたいときに選べる選択として、正規店か非正規店か自分で行うかがあります。正規店は保証期間外だと料金が高くなる可能性があり、自分でするにはそれなりに技術がいります。非正規店なら安くそれなりに使えるようにしてもらえるでしょう。では依頼する前の準備に何が必要かですが、基本的には特に何も必要ありません。正規店だとバックアップ等の作業が必要ですが、バックアップをしなくてもすぐに行ってもらえます。非正規店を利用するメリットは正規店よりも安く修理してもらえるところにあるので、せっかくならできるだけ安く安心できる業者を選びましょう。正規店ならどこを利用しても修理費用は同じですが、非正規店はそれぞれが異なるので事前にしっかり比較すると良いでしょう。

iphone修理を青森で行う際には、故障している部品のみを交換して修理する専門店へ持ち込むことで、よりお得な料金で修理ができます。